オリックス銀行カードローンの審査対策!最高のカードローンをあなたに

Just another WordPress site

ホーム » オリックス銀行カードローンの体験談 » 銀行カードローンはどの信用情報機関を見ているのか

銀行カードローンはどの信用情報機関を見ているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

銀行カードローンの信用情報機関について解説します。実は、何処の信用情報機関を使っているのかというのは、銀行と結ぶ個人情報の契約書に書かれているのです。

そこからわかるのは、大手銀行のカードローンや目ぼしい銀行カードローンはCIC、JICC、KSCに情報を通知すると書かれています。という事は、審査であなたの信用情報を見るときにも、この三社のいずれか、もしくは全部に照会をかけています。

大手消費者金融や中小消費者金融と銀行カードローンの違いの一つに、KSCの会員になっている事が挙げられます。KSCと他の二社の信用情報機関の違いは、住宅ローンや自動車ローンなどの情報が記録されている点です。

住宅ローンを組んでいて、その金額が大きい人は、消費者金融ではその情報は上がってこないため審査に通過しても、銀行カードローンでは住宅ローンの残高の大きさを懸念されて、審査落ちになる可能性があります。

また、銀行カードローンは保証会社もまた、あなたの信用情報を審査しています。保証会社は大体消費者金融が行う事が多くなっていますので、CIC、JICCの二社の情報の照会が行われています。

この様に、銀行カードローンはその他の業態よりも情報が多く、保証会社と二重に審査しているとで通過率が非常に低くなっているのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ